Uちゃんのもで魂69 ハイラックス

 メッキパーツの取り付けです。
 以前はメッキの部分をはがさないと接着できませんでしたが、最近TVのCMでみたスーパー多用途(Scotch)を試してみようかと買ってみました。しかしこのタイプは両側に塗布して乾いてからひっつけるタイプなので、うまくなく、もう一回ホームセンターにいって今度はボンドのウルトラ多用途を買ってきました。
 
 いよいよメッキパーツの取り付けです。  最近発売になった接着剤スーパー多用途
 
白いキャップが通常のプラモデル用接着剤。緑のキャップは流し込みタイプ。今回、使用したウルトラ多用途  
昔はこんな風に小さい接着剤が こんなのが付いていました。
 
 ばっちりくっつきました。フロントガラスもこのボンドでつけてみましたがなかなか良いです。
 以前は流しこみタイプの接着剤を使っていましたがこちらも良いです。
 
 ちなみに今回のブログは接着剤ネタで行こうかと、昨晩写真を撮ってきたのですが、なんとタイムリーに今朝、管理人bさんが「アロンアルファが手についっちゃたけれど、どうとればよいですか?」と言われてびっくり、「お湯で洗えばよいよ」と答えたのですが、よく手に付ける私はお湯で軽石をつかって落とします。ちなみにプラモの瞬着は私の場合セメダインのロックタイトミニを使います。使いきりタイプなのでプラモのように少量の場合とても良いです、また、最近、ブラシタイプ瞬間も都合が良いです。
 今回、接着剤ネタを考えているとき、子供のころの接着剤は付かなかったよなと思いながら40年くらい前のキットの箱を開けたら入っていました”ハイジョイン”。
昔を知っている人ならこの画は懐かしいでしょ。待ち針で穴を開けましたよね。ちなみにこの接着剤はカチンコチンに固まっていました。   
 
             ~この飛行機のキットを作ろうか、プレミアが付いているかも知れないからやめようか迷っている U-chanでした。