御柱祭2010 U-chanのON!柱4 建御柱

前回のブログで「御柱を建てる時はものすごく危険です。」と書きましたが、春宮一の建御柱で事故が起きてしまいました。誰もが気を付けている中での災難だと思いますが、本当に残念です。心からご冥福をお祈り申し上げます。

前日の教訓を皆でかみしめながらの春宮二の建御柱を目の前で見てきました。

「昨日の今日だでな(だからな)皆、気を付けろよ。」と掛け声のかかる中、しっかりと足場を付け、安全帯を付け、 若い衆が威勢よく乗り込み建御柱は無事終了致しました。

 

 

垂直に建ってまもなくガタンと御柱が穴に入り、見ている人の肝を冷やしましたが、担当の皆さんは計算どうりだったようで、平気な顔をしておりました。 春二が建たったところで、次は秋宮に移動しました。毎回の事ですが下社の里曳きは町中のいたるところで長持ちや、騎馬行列、花笠などが見られます。

 

 

ここが上社の里曳きと少し違うところでしょうか。街中をお祭り気分で歩くのは本当に気持ちがいいですよ足はパンパンになりますが・・・秋宮の参道は丁度、秋宮一の曳行で人、人、人で身動きがとれませんでした。
しかし、いつ見ても秋一はでかい!秋宮一の曳行を見たところで後ろ髪を引かれる思いで帰路につきました。今日で今回の御柱も終わりです。次回、申年の御 柱祭は6年後、「自分は幾つになって、どのように御柱祭にかかわれるのだろう」と諏訪のひとは多分みんな考えると思います。

○土木部U-chan