木酢液とミナミヌマエビでコケ駆除

アクアリストの間では知られた手法でも、その他大勢には意味不明な事があります。

例えば木酢液を使ったコケ退治。
どなたの考案かわかりませんが、これが秀逸!

←木酢液にさらされて弱った(白くなった)コケ  一週間前に木酢液にさらし、エビたちにクリーニングされたナナ→
aqa171002a aqa171002b

 

一時に使うとよろしくないので向かって左を先週、右を今週と分けて作業しています。

 

 

 

 

 

 

バケツに木酢液を入れ、コケのひどい所をさっとくぐらせ、水槽に戻すだけでOK。

後は勝手にコケが白く弱り、普段は歯が立たないミナミヌマエビたちにつままれてナナからはがされていきます。

 

しかしこの仕組みを知らない他の従業員からは意味不明な作業のようで、主に木酢液のスモーキーな香りで「薬のニオイがする!」「おつまみのニオイがする!」「何してるのかわからない」等々、散々な言われようです!

 

 

by スモーキーと言えば、「馬肉の燻製」ってナニアレ 水槽係