自由設計の建築会社ならでは? 未だ現役の製図台

信州ハウジング建築設計事務所で作る図面の99%がCADですが、希に製図台も使われています。

自由設計の家を主体にリフォーム・増改築もするので、個別に収まり図(建築部材をどう組み合わせるかの詳細を示した図)が必要なケースが発生し、中には熟考が必要になる時もあります。

 

 

  • col20180722A

    製図台と椅子の画像

    2Fにある製図台

  • col20180722B

    住宅建築見積用語印

    こちらはインテリアになりつつあります

 

そんな手強い案件が発生した時、熟練の設計士はこの製図台に座り、考えをまとめながら直接アウトプットします。
何でも、手を動かして実際に線を引いた方がイメージしやすいとか。

一見アナログの様ですが、笑顔を作る事で脳をリラックスさせたり掃除をする事で心を平常心にする手法があるように、作業をする事で設計士脳(?)が活性化されるのかも知れません。

 

by b