ジャック・オ・ランタン のジャック

col161026c

 

 

ハロウィンまで間もなく、ジャック・オ・ランタンが完成しました。

50cm近い大カボチャですが、見事にあいきょうのある顔になりました。

 

 

 

が。

col161029

 

ちょっと巨大過ぎたのかうまい具合に乾かず、中身が傷んでしまいました。

そこでくり抜いて熱で乾かす作戦に出たドラキチTさん。

中に業者さんからいただいたアロマキャンドル(プリンのような香り)を置くと、パンプキンパイのような香りが辺りに漂って、ちょっとほっこり気分になります。

 

 

そしてもう一個は・・・

col161016

 

こちらは風と空気の乾燥で水分を抜こうという作戦ですが、

近くに自動車を停める会長から「怖い」とクレームが来る有様です。

一部の従業員は「さらし首」と呼んでいます。

 

 

 

 記事を書くにあたり、ジャック・オ・ランタンの由来を読み直してみたのですが、ジャックのネゴシエーターぶりやストーリー展開は昔のお話とは思えない物があります。

特に、こんな才能を持ちながらも素行不良で結局地獄行きというくだり。

せっかくの才能も人を不幸にする方向に使えば地獄に落ちるよ、と言うメッセージにも見えます。

 

by 嫌なニュースを見過ぎかも b