クリスマスリースからケセラン・パサラン

クリスマスリースをリフォームしました。

その名もツタとフウセントウワタのクリスマスリースです。

かつてない斬新なデザインです

 

クリスマスリースは日本でいう松飾、いわば西洋の縁起物。

フウセントウワタの実は種がたくさん入っているので縁起物系統的には間違っていない気がします。

 

近くで見るとカエルの卵ですが、

遠目には鮮やかなマスカットグリーンでとてもきれいです。

通りかかったら見に来て下さいね。

さて、このフウセントウワタですが、実は中は綿毛付きの種になっています。

展示場のドラキチTさんが吹いて飛ばしたり、

U-chanが「ケセランパサランだ!」と言ったり。

一同、童心に帰った朝でした。