エビの到着待ち

エビといっても食用ではなく

水槽の清掃部隊として雇った22匹のミナミヌマエビです。

 

水槽にはヘアーグラスがあるのですが、

この汚れを人力で取るのは困難で、

ミナミ君たちの活躍が期待されます。

 

とりあえず部隊員増強の為、吸水口にストレーナー、

簡易エビシェルターを設置し到着に備えます。

 

「50%残ったとして11匹、

次の大潮が21日だから…」

 

 

 

 

エビを飼うと、海なし県に住みながらも

大潮を意識せざるを得ない生活になります。