ZEHとは

Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略で、断熱性能の優れたエネルギー消費の少ない住宅に<高断熱住宅>、省エネルギー性能の高い設備(エアコン、給湯器、照明設備など)<高効率設備>を導入し、太陽光発電などの<創エネルギー設備>を導入することにより、正味(ネット)で一次エネルギー消費量が0(ゼロ)になる住宅のことです。

2020 年度までの弊社のZEH普及率の目標は、2016 年度 5%、2017 年度 15%、2018 年度 20%、2019 年度 35%、2020 年度 50%とし、ZEHの普及に努めます。

2016年度の実績 12%

ZEHのイメージ

zeh

弊社のZEHへの取り組み内容

ZEHの周知・普及に向けた具体策

  • 自社のホームページにZEH特設ページを作成し、お客様に2020年に新築される住宅の過半数がZEH仕様になる事と、そのZEH仕様の建物にすることで消費エネルギーが0になるなどのメリットをお伝えします。
  • 見学会、広告などで、地域のお客様に積極的にZEHを提案し、周知、普及に努めます。

ZEHのコストダウンにむけた具体策

  • 設計段階から、効率的かつ費用対効果を考慮したプランを規格化し、活用します。
  • 過剰な性能にならないよう、物件ごとに性能値を分析し、最適な仕様にすることでコストダウンを図ります。
  • 仕様、設備の規格化を図り、発注メーカーを限定し、仕入れコストの削減を目指します。

その他の取り組みなど

  • 社員のZEHの勉強会への積極的な参加。
  • 地域性を生かしたパッシブ設計を取り入れ、自然な光や風を利用した省エネを提案します。
  • 高断熱住宅がもたらす、健康性、快適性、遮音性、安全性といった省エネ以外の便益も提案します。
  • BELS、その他の解析 シュミレーションソフトを使った、解りやすい提案に努めます。